惑星

将棋のプロ棋士の水星は強いのか【研究】

前回、藤井聡太4段のホロスコープを作ってみて、水星がヴァルゴッタマで定座の可能性があるということで、トップレベルの棋士の水星はやはり強そうだと感じました。

ということで、その他のトッププロ棋士の水星の状況もちょっとみていこうと思います。取り敢えず日本将棋連盟の棋士データベースに載っているタイトル保持者7人をみていきます。出生時間がわからずラグナは不明ということで、純粋な惑星の強さだけの判定です。

出生データは、日本将棋連盟の棋士データベースから取得しています。

羽生善治3冠

ご存知、羽生善治のホロスコープです。将棋界最強の実力を40を超えても維持しているという偉人ですね。

ぱっと見た限り、ラーシ、ナヴァムシャ共に水星が火星とコンジャクションしているので、あれ、水星弱くね??と思うのですが、ちゃんとみると水星と太陽が星座交換しています。

星座交換する惑星は定座に在住しているのと同程度の力を持つと言われていますし、太陽との星座交換もスーリヤ・ブッダヨガで基本的に賢さが増すヨガだと思います。

ナヴァムシャは水星の傷が大きそうなのですが、これも水星とコンジャクションしている火星は金星と星座交換しており、傷といっていいのかよくわかりません。太陽と金星との相互アスペクトも仲良し惑星なのでこれは吉ではないかと思います。

渡辺明竜王

永世竜王位の保持者で棋界トップクラスの実力者ですね。

水星はラーシ・ナヴァムシャ共にスーリヤ・ブッダヨガを形成しています。ナヴァムシャではどんな出生時間でも定座にあります。

佐藤天彦名人

29歳にして棋界最高位の名人です。クラシック音楽が好き、ファッションが好きということで貴族というニックネームで呼ばれています。

ラーシではスーリヤ・ブッダヨガ、ナヴァムシャでは水星は定座に在住していますが、出生時間が22:00以前の場合、水星は牡牛座在住になります。ナヴァムシャの水星が牡牛座であるならばスーリヤ・ブッダヨガ以外水星に特段の特徴はみられません。というか、ここまでスーリヤ・ブッダヨガが3連続ですね。

谷川浩司九段

高速の寄せで一世を風靡した元名人です。

なんと、またスーリヤ・ブッダヨガですね・・・別に狙っているわけではなく将棋連盟データベースのタイトル保持者欄に載っている7人を順に紹介しているだけなのですが、ちょっと驚きます。すでに7分の4です。

ただ、水星が減衰しているということで、これはおそらくマークボニーの例外則が発動することになりそうです。ピカソの金星が減衰しているのと同じで、3室、6室支配の減衰惑星は逆にラージャヨガのように働くというあれですね。

ナヴァムシャでは金星と水星が星座交換しているので、水星は定座以上の力があります。

佐藤康光九段

かつて一億と3手読む男という異名を持った棋士です。最近は天衣無縫と揮毫された扇子をよく仰いでいる印象です。

スーリヤ・ブッダヨガ!!

7分の5ですよこれ・・・マジですげー・・・なにこれー

とうことは、藤井聡太4段のホロスコープも水星は定座でヴァルゴッタマが本線って言ってましたが、水星蟹座でスーリヤ・ブッダヨガを形成している可能性の方が高いんじゃなかろうか・・・

いや、落ち着け。水星は太陽に近い惑星ですから、ここまで連続してスーリヤ・ブッダヨガを形成しているのはそんなに不思議ではないのかもしれないとここにきて冷静になってきました。

水星は高揚しています。ただ、ナヴァムシャではそんなに水星が目立つ感じではないです。蟹座で木星が高揚して火星が減衰しているのはラーシ、ナヴァムシャの差はありますが、藤井聡太4段と同じです。

久保利明王将

タイトルホルダー唯一の振り飛車党です。捌きのアーティストと言われています。

冷静になったところで、スーリヤ・ブッダヨガ終了です。笑

水星は1°で高揚しています。高揚2連続。ただ、土星と火星のアスペクトもあって傷はあります。ナヴァムシャではこれといった感じではありません。

森内俊之九段

鉄板流と呼ばれた受け将棋が持ち味です。羽生さんと名人戦で熱い戦いを繰り広げてきた名棋士ですね。

水星が高揚してスーリヤブッダヨガ!!とうことで、〆に相応しく水星高揚+スーリヤブッダヨガでした。

ナヴァムシャでは特段目立つ要素はないですね。

まとめ

さて、ラーシでの水星の状況は、7人中、高揚が3人、星座交換による定座相当が1人、減衰が1人、中立2人となりました。減衰はおそらくマークボニーの例外的だと思うので結構ラーシの水星は強そうです。

ナヴァムシャでの水星の状況は、ラーシで高揚していればナヴァムシャでは大したことない。ラーシで高揚していない場合はナヴァムシャでそれなりに強いという感じでしたね。

あとは、スーリヤ・ブッダヨガが7人中6人とかなり多かったです。水星と太陽のコンジャクションは可能性が高いのですが、この頻度は多すぎる気もします。時間が空いたら分母を増やしてみてみたいです。

関連記事

  1. 惑星

    惑星の象意【職業編】

    自分がサラリーマンなので、個人的に占星術をしていても仕事のテーマが結構…

  2. 惑星

    火星が強いと喧嘩をするのか

    ブログ開設二か月ですが、少し更新に飽きてきた(飽き性)hikariです…

  3. 惑星

    ラーフ期の俗世力

    今、ヴィムショタリダシャー(VD)のプラティアンタルダシャーがラーフ期…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事







PAGE TOP