未分類

占星術を独学で勉強するメリット・デメリット・コツなど

わたしは占星術を独学で勉強しています。

何かしらの講座を受講すると最低でも十万円くらいしますから、余程金銭的に余裕がある人でない限りは講座を受講せずに独学する人も多いのではないかと思います。

さて、独学には良い部分もあれば当然悪い部分もあります。まだまだ自分も試行錯誤の段階で大した腕ではありませんが、個人的に感じる独学のメリット・デメリット・コツなどを簡単に取り上げてみます。

独学のメリット

①時間的自由が利く

好きな時に勉強できて、気分が乗らなければ勉強しない期間も作れるということで自由度は一番高いです。特に社会人をやっている人、働いている人は繁忙期や閑散期で勉強量が変わってくると思うので独学はかなりやりやすいと思います。

②お金がかからない

書籍購入費は結構かかりますが、講座を受講するよりは断然お財布には優しいです。

③洋書・英語サイトにまで手を出せば、かなり情報が充実している。

おそらく日本語だけで勉強してきたプロの講座よりは、よっぽど多くの情報に手を触れることができると思います。今はネット社会ですので、気合いを出せば欲しい情報までアクセスできることも多いです。

あと、洋書は日本語書籍で書かれていない技法も数多く紹介されています。古典も読めますし。

④飽きても簡単にやめられる

これはお金がかからないことに付随してです。一生をかけて占星術を修めたいくらいの気概がないのに講座を受けてもあまり意味はありません。

自分のチャートが少し読めるようになりたい人は独学で十分ですし、飽きても簡単にやめることもできます。

独学のデメリット

①質問ができない

何か疑問に思った時、解釈が難しいときに先生が有能な占星術師であれば、質問をしたら有意義な回答をくれるかもしれません。

独学では、疑問に思っても解消することが難しい場合があるのでこれはかなりのデメリットです。

②間違ったことを覚える可能性がある

これもこわいですね。間違えて覚えたことを正してくれる人がいないというのは結構痛いです。

自分よりも優れた師匠に師事するということはそれなりに大きなメリットがあります。

③英語ができないと先に進めない・古典が読めない

一定以上のレベルに達しようと思うのであれば、語学の壁が立ちはだかります。日本語書籍だけでは得られない情報はたくさんあります。

ただ、最近は日本語書籍もそれなりに充実してきていますのであるレベルまでは問題なく到達できると思います。

④孤独である

これは人によるかもしれません。わたしは全然平気ですが、仲間と一緒にとか同士と一緒に勉強したいという人にとって独学は寂しい勉強方法です。

独学のコツ

①一次取得のホロスコープに沢山触れる

独学の場合は、習うより慣れよ。これに尽きると思います。

実践をしていないで勉強ばかりしていても腕のいい占星術師にはなれないような気がします。特に独学の場合は、実践をどれだけこなして経験値を積むかが重要だと思っています。

あと、有名人のホロスコープはほっといていかに一次取得のホロスコープを手にするかですね。まずは家族・知人から始めるといいと思います。

あとは、無料掲示板などのホロスコープを自分で作って、コメントしている人のやり方を学ぶのも参考になるかと思います。

②書籍は沢山読む

少なくとも日本語書籍で出版されているものは何冊か目を通した方がいいです。実践をするといっても最低限の知識もないのにホロスコープをみたって意味ありません。

わたしは日本語書籍はほとんど目を通しましたし、洋書も30冊程度は保有しています。(保有しているだけ、になっている部分もありますが。笑)

あと日本語書籍の場合は、定着するまで何回も読み直した方がいいです。

③気長にやる

特にサラリーマンなんかは、勉強する時間に限りもあるし、気分が乗らない時期もあると思うのでのんびりじっくりと気長にやるのがいいのかなと。

 

まとめ

こんな感じでしょうか。

まぁ、マイペースで飽き性であまりお金もかけたくない自分に独学はピッタリだと思っています。優秀な占星術師に師事してみたいという気持ちもありますけどね。

占星術をずっと続ける自信があって、お金に余裕がある人は誰かに師事した方が無難かと思います。

独学派の人は一緒に頑張りましょう(^ω^)

 

関連記事

  1. 未分類

    紛失物のプラシュナ【見つからなかった参考例】

    嫁が、以前わたしがプレゼントした任天堂3DSを失くしてしまったというの…

  2. 未分類

    自転車が盗まれたのでプラシュナチャート作成してみた

    世の中実に不思議なことがあるもので、外出する時に自転車のロックチェーン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近のコメント

最近の記事

  1. 2018.06.29

    こじつけ??







PAGE TOP