インド占星術

結婚のタイミング~ミスリードされる場合~

一度6月頃に記事にしてすぐに消してしまったのですが、昨日、復習にラオ氏の書籍を読んでいたらこのホロスコープをみつけたので改めて記事にします。

このホロスコープは、わたしが妻のホロスコープをレクティファイしている最中、どうしても結婚のタイミングをナーヴァンシャの1-7軸に乗せたくなくて、でもそんなことあるんかやーと頭を抱えていた時にたまたま発見したホロスコープです。
このホロスコープを発見した時に凄く嬉しかったのを覚えています。

このホロスコープの女性の結婚のタイミングは、ヴィムショタリダシャーで金星/水星期。
すぐにわかりますが、D9では6-12軸に乗っています。

おろらく、インド占星術の勉強をしている方のほとんどは、出生時間を数分巻き戻して金星と水星を1-7軸に乗せたくなる衝動に駆られるんじゃないでしょうか。
結婚のタイミングしか情報を与えられていなかったら、わたし自身そうですし、そちらの方が占星術師として正常な感覚だと思います。

わたしの妻のホロスコープも結婚のタイミングがナーヴァンシャの6-12軸に絡むのですが、ゆっくりと時間をかけて分析していたからこそ気付けたことで、全くの他人の鑑定だと疑いもせずに1-7軸に乗せてしまうかもしれません。

だってナーヴァンシャの6-12軸って結婚っていうよりはむしろ離婚しそうですし(;^ω^)

何が言いたいかというと、レクティファイって難しいよねってことです。
セオリー通りにいかないケースも多々あります。

有名人鑑定とかになかなか手が出ないのは、ぱっと見でいくとすぐにこんな感じにミスリードされてしまう心配をしてしまうからです。

勉強途上にある人は、ホロスコープを分析する場合はできるだけ親しい人がいいですし、他人なら密なコミュニケーションを取って、多角的に情報を取得する必要があるのだなとつくづく思います。

それにしても、このホロスコープのナーヴァンシャのラグナをしっかりと水瓶座に設定しているKNラオ氏はやはり凄腕なんだなと感じます。
対面鑑定で、他人のホロスコープを一発でこんな感じにレクティファイできる自信はまだありません。
まずは1-7軸に乗せてみて、他の分割図の整合性が取れているかを確認します。
やむを得ず、婚期を6-12軸に持ってくる場合は、かなり勇気がいるので、全体を統合したいから数日は時間ちょうだいってなっちゃいます。

結婚のタイミングが6-12軸でも起こりうる理由は結構色々なパターンが想定されますが、やはりDLからみて1-7軸だぞということは間違いなくありそうですね。

レクティファイっていうのは総合力を試されますし、だからこそ面白いんだよなぁと思います。
1時間程度の鑑定で簡単にレクティファイいっちょ上がりって言える日はそのうちにくるんだろうか・・・(;^ω^)

関連記事

  1. インド占星術

    マーラカ(死を誘因する惑星)について

    今日から待ちに待った3連休です(^ω^)さて、今日の話題はマー…

  2. インド占星術

    土星のトランジットが強烈に厳しそうな人

    いやー、毎日がG・Wだったらいいいのに(^ω^)ということで、…

  3. インド占星術

    巡礼と9室

    最近、プラティアンタルダシャーが火星期⇒ラーフ期と9室と絡む惑星のダシ…

  4. インド占星術

    運命の影響下にある時期はとびっきり上手く踊ってみること。

    どうでもいいのですが、ブログの文体をである調にしておけばもっと書きやす…

  5. インド占星術

    占星術と寿命計算① 3ペアによる判定技法

    最近、他の占星術ブログさんのところで寿命計算についての技法が説明されて…

  6. インド占星術

    占星術と未来世

    案の定風邪をひくという記事を書いてから何日か経ったと思うのですが、妻と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事







PAGE TOP