インド占星術

マーラカ(死を誘因する惑星)について

今日から待ちに待った3連休です(^ω^)

さて、今日の話題はマーラカです。インド占星術には、マーラカ(死を誘因する)という惑星があって、このマーラカの惑星のダシャー(マハーダシャーやアンタルダシャー)が死期の筆頭候補な時期です。確かにホロスコープをみていて、親の死のタイミングが親にとってのマラカのダシャーであるケースは結構多いと思います。

死期をみるだけでなく、マーラカが絡む惑星のダシャー期っていうのは配置や絡む惑星によってはめちゃくちゃ苦しい目にあいます(;^ω^)

ラージャヨガやダーナヨガを組むダシャー期であっても、それがマーラカが絡む惑星だと慎重に判断しないといけません。

ホロスコープを分析するうえで、分析の必須項目のひとつになるのが、このマーラカという惑星になってくる気がしています。

マーラカ

BPHSを読むと、3室と8室は寿命のハウスであり、そこから12室目である2室と7室はマーラカ(キラー)のハウスになると書かれています。この2室と7室の支配星、2室と7室に在住する凶星、2室と7室の支配星とコンジャクションする凶星もマーラカとして振る舞うとあります。

ただし、マーラカでもあっても、吉星の影響(トリコーナを支配する惑星)がある場合にはそのアンタルダシャーで死ぬことはないとのことです。

支配の悪い土星に対してマーラカの影響がある場合、土星は最凶のマーラカになります。

7室の方が2室よりも殺傷力が高いとBPHSには書かれていますが、2室の方が7室よりも殺傷力が高いと書かれている書籍もあります。

その他死を誘因する惑星

また、BPHSには、以下のダシャーも死ぬ可能性があると書かれています。

・①12室の支配星と絡む惑星のダシャー、②8室の支配星と絡む惑星のダシャー、③凶星と絡む惑星のダシャー

・22番目のドレッカナの支配星のダシャー(D3:ドレッカナの8室支配星)も死をもたらす可能性があります。

・23番目、3番目、5番目、7番目のナクシャトラの支配星のダシャー(ジャンマナクシャトラから)

・月から2室と12室の支配星(凶星の場合)のダシャー

・ラーフとケートゥは、①1室、7室、8室もしくは12室に在住する場合、②マーラカの惑星から7室に在住する場合、③マーラカとコンジャクションする場合にマーラカとなります。

 

こうやってみると、死ぬかもしれないダシャー多すぎっすな(^ω^)笑

まぁ、自分のホロスコープでやたらとマーラカと絡む惑星のダシャーは用心しながら過ごした方がいいと思われますm(__)m

関連記事

  1. インド占星術

    保護中: 結婚のタイミング~ミスリードされる場合~

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  2. インド占星術

    惑星と三性質(トリグナ)

    バガヴァッドギーターを読むと、我々人間には3性質(トリグナ:①サットヴ…

  3. インド占星術

    実践に疲れたら知識を蓄える

    今日はネットでインド占星術の洋書を12冊ほど衝動買いしてしまいました(…

  4. インド占星術

    ホロスコープを手計算する

    インド占星術の勉強を開始して、あと10日くらいで丸2年程経ちます。…

  5. インド占星術

    保護中: 占星術と寿命計算① 3ペアによる判定技法

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  6. インド占星術

    インド占星術を勉強して2年経過

    インド占星術というものを2016年の1月下旬ごろに知り、少しずつ勉強を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近のコメント

最近の記事

  1. 2018.06.29

    こじつけ??







PAGE TOP