インド占星術

ホロスコープを手計算する

インド占星術の勉強を開始して、あと10日くらいで丸2年程経ちます。
来週くらいには2年間やってみた感想でも書こうと思っています。

昨日はホロスコープってどうやって手計算するんだろうなぁと試行錯誤していました。

技法の勉強やホロスコープの読解に力を入れてやってきたので、ホロスコープの作成はソフトに完全にお任せだったのですが、2年もやってホロスコープの手計算をしたことないのもまずかろうと思った次第です。

講座にでも通っていれば最初の方に教えてもらえるのだろうと思うのですが、ずっと独学でやってきているのでおざなりになっていました。

ということで、『ホロスコープ 手計算』とグールグル検索をかけていたのですが、インド占星術のサイトにないのはいいとして、西洋占星術のサイトにもほとんど具体的な手順について書かれたサイトがないのは驚きでした。

伝統的な手順はよくわからなかったのですが、占星術ソフトと同じ星座、度数に惑星を配置できて、アセンダントの度数を求めることができたらOKだろうと考えたので、メジャー占星術ソフトに使われている天文暦『スイス・エフェメリス』を使用して、占星術ソフトと一致するように惑星の度数とアセンダントを計算していく感じで始めてみました。

惑星の度数は、スイスエフェリメスに記載の度数から、アヤナムシャ、時差を補正したうえでの惑星の進行割合なんかを考慮してやると求まりますね。

アセンダントは、日の出時刻をもとに計算すると1°ほど合わなかったのですが、ネットで調べた日の出時刻とソフトで演算している日の出時刻に4分(1°)ほどのズレがありましたのでよしとします。

やってみて思ったのですが、正確なホロスコープを作成するには、①正確な惑星の軌道計算(今回はスイス・エフェメリスを使用)、②正確な日の出計算(今回はネットで調べた)が必要になりますね。
緯度経度の正確性は日の出時刻の時差として現れて、結果アセンダントの角度にはねるというのもなるほどなーと思いました。

自分は電卓片手にネットを活用しながらやっていますが、占星術が生まれた時代は紙や鉛筆もなかったのにどうやって、惑星の軌道計算とか日の出計算とかしていたんだろうか・・・
文系脳の自分には想像ができない人知を超えた世界に思えます。

せっかくなので、日の出計算とかも勉強したいですが三角関数の知識がいりますね・・・
高校卒業以降数学なんて全く触れていないので、すっかり忘れてしまいました。サイン・コサイン・タンジェント(*´ω`)
こんなん生きてて何に使うんだよ!とか当時思っていましたが、まさか今更この知識が必要なシーンに出くわすとは・・・

ちなみにホロスコープを手計算すると予言能力が高まるらしいです。
なんでだろう。

まぁ、手計算といっても、惑星の軌道計算から始めるとか、天文暦を使うとか、定義は曖昧です。
今回の場合は完全手計算というより、ホロスコープ作成ソフトも参照(アヤナムシャはその時点におけるソフトのもの使用)しつつ、ホロスコープを作ってみるという程度のものです。

ふんわりとイメージはついたし勉強にはなったのでやってみて良かったです。

関連記事

  1. インド占星術

    結婚のタイミング~ミスリードされる場合~

    一度6月頃に記事にしてすぐに消してしまったのですが、昨日、復習にラオ氏…

  2. インド占星術

    続・将棋プロ棋士のホロスコープ

    今日は(厳密には昨日)夜からAbemaTVで『魂の7番勝負 行方8段V…

  3. インド占星術

    インド占星術の特徴(鑑定を受けたり勉強する前に知っておきたいこと)

    インド占星術は結構人を選ぶ占術だよという話です。自分自身、勉強…

  4. インド占星術

    占星術と寿命計算① 3ペアによる判定技法

    最近、他の占星術ブログさんのところで寿命計算についての技法が説明されて…

  5. インド占星術

    アヤナムシャについて

    久しぶりの更新です。日常生活に忙殺されて、ブログ更新はままなら…

  6. インド占星術

    惑星と三性質(トリグナ)

    バガヴァッドギーターを読むと、我々人間には3性質(トリグナ:①サットヴ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事







PAGE TOP