ダシャ-

ダシャー 金星/ラーフ期

たまにはということで、無料鑑定依頼のあった方のホロスコープです。
基本的に無料鑑定はホロスコープのブログアップを前提に受けるようにしていますが、実際は時間や面倒くささに負けて載せないことも多いです。(というかほとんど)
載せる場合は、個人が特定できないように一般化して載せるように注意はしています。

この方の現在のマハーダシャーは現在、金星/ラーフ期。最近、それなりの怪我をされており、仕事も悩んでいて人生が停滞しているということでした。

過去の情報開示が少なかった(こちらも敢えて聞かなかった)ので出生時間の検証は特に行わず、ラーシチャートのみからかなり漠然とした回答をしました。

まず怪我ですが、金星とラーフは共にマラカの2室に在住。チャラダシャーは、射手座/牡羊座/獅子座期となっています。

射手座と獅子座は事故の起きやすい星座ですし、牡羊座はAKと6-8関係となっています。

マハーダシャーの金星は減衰していますが3Lなのでラージャヨガに働く配置、加えて水星と星座交換をしていますので減衰自体はキャンセルされています。

金星はラーフと接合し、12Lの月と相互アスペクトを組んで運気を(特に結婚運をかなり)下げています。月からみて7-8の星座交換。ラグナから見た7室は強いですが、ナーヴァンシャの惑星配置(土星と金星のコンジャクション)もみて、おそらく未婚ではないかとお聞きしたところやはりそうでした。
詳しくは書けませんが、月から7-8の星座交換は、配偶者ではない象意(ビジネスに関する様々なこと)についての心の悩みとして現在具現化しているようでした。

このマハーダシャーの金星は機能的凶星であり、傷も大きいですが3Lで減衰しラージャヨガのように働くことが期待できますので、金星期はずっと悪いとは思えません。月からみても金星は3Lです。

ということで、停滞の原因は、アンタルダシャーによる部分が大きそうです。ラーフ期の前は減衰する火星期(RYKとはいえこの火星はバンガもなく辛そう。)、金星期/ラーフ期は上昇もしくは下降する不可解なダシャーということで、なかなかいわくありげなダシャーが続いております。(同じダシャーを過ごしているISOPさんは上昇しているっぽいです)

チャラダシャーも射手座期ということで輪をかけて上昇トレンドか下降トレンドがハッキリでそうな時期となっています。射手座期はAkとAmkが自室と10室に絡むラージャヨガ期なはずですが、怪我をしたり人生が停滞したりと射手座期らしいダシャーになっている模様です。

救いは、アンタルダシャーのラーフ期を抜けた木星期。ほぼ同時期にチャラダシャーの射手座期も抜けます。ヴィムショタリダシャーでは、ラグナからみて5室を支配し11室に在住して5室にアスペクトバック、月からみてラグナロードで4室に在住し、10室にアスペクトバック。この時期には、流石に運気が回復しそうです。さらに、今抱えている悩みからも抜け出るのではと答えておきました。

ただ、2020年くらいと先はそれなりに長いので、そこまで待つ方は実際大変だと思います。こうなってくるとあまりお役に立てません。

取り敢えず、月とケートゥが8室でコンジャクションしているので、スピリチュアルへの興味は強そうですが、メンタルが心配です。しっかり瞑想してくださいと伝えておきました。

あと、結婚もラグナからみた7室は強いので諦める必要はないと伝えておきました。

金星/ラーフ期ってイメージ的にはアイキャッチ画像みたいなちょっと調子乗っちゃたぜ★みたいな感じを想像するのですが、なかなか不可解なダシャーなようです。

関連記事

  1. インド占星術

    巡礼と9室

    最近、プラティアンタルダシャーが火星期⇒ラーフ期と9室と絡む惑星のダシ…

  2. ダシャ-

    ヨーギニーダシャーとコンディショナルダシャー

    たまには、少しお馬鹿な話を書いていこうと思います。先日、あるチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近のコメント

最近の記事

  1. 2018.06.29

    こじつけ??







PAGE TOP