書評

  1. 【書評】デカイ釣り針に食いついた結果・・・

    ちょっと前にAmazonで洋書を購入しました。たまたま、Amazonの検索で「jyotish」って検索をかけたらトップの方に出てきたのと、紹介文…

  2. BPHSの日本語訳を読んでみました

    ISOPさん、うちゃさんのブログで紹介されていましたが、ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラ(BPHS)の日本語訳が出版されたとのことなので購入して読んで…

  3. 読書:インド風水ヴァーストゥ

    ag2さんのサイトの書評欄にヴァーストゥ関連があり、日本語書籍で出ているらしかったので電子書籍のものをサラッと読んでみました。本書は、サイトで紹介されて…

  4. 【読書】最強兵器としての地政学 藤井巌喜

    せっかく読んだので忘備録というか、感想でも。結論から言うと面白かったです。先週の土日はほとんどずっとこれを読んでました。どうでもいいです…

  5. ワクワクすれば人生は変えられるのか 『バシャールの教え』

    このバシャールという人の教えは、一時期日本でも凄い流行ったらしいですね。わたしはその頃を全く知らないのですが、当時バシャールに傾倒した人たちは今でもワク…

  6. 他力本願の真意とは 『歎異抄』

    『歎異抄』というのは、親鸞の教えを後世に正しく伝えようと親鸞の愛弟子が書き記した忘備録みたいなものなります。かなり昔の記憶ですが、中学の歴史の授…

  7. 真実の自己の探求 『ウパデーシャ・サーハスリー』シャンカラ著

    インド最大の哲学者と言われるシャンカラの本の紹介です。シャンカラ哲学の目指すところは、輪廻からの解脱であり、それには自己の本体である(アートマン)=宇宙…

  8. あるヨギの自叙伝ばかりが有名だけど・・『人間の永遠の探求』

    最近、瞑想をしておりますので、瞑想が積極的にやりたくなる本としてヨガナンダ講和集『人間の永遠の探求』を読んでいます。ヨガナンダ氏と言えば、『ある…

  9. ラーフと神話 『インド神話』≪ちくま学芸文庫≫より

    『インド神話』という本にラーフの面白い神話が載っていたので紹介します。インド占星術には、ラーフという惑星(虚星)が存在しますね。凶星のひとつして…

  10. ラーマーヤナ(レグルス文庫)≪感想≫

    『マハーバーラタ』と並ぶインドニ大叙事詩のひとつ『ラーマーヤナ』を再読しました(^ω^)古典ではありながら、物語として今なおめっちゃ面白いです!…

最近の記事

  1. 2018.06.29

    こじつけ??

スポンサーリンク

PAGE TOP