ハウス

7室のラーフと国際恋愛

恋人はいままですべて外国人とか国際結婚でしたとかいう人は、7室にラーフが在住していることが多い気がします。
自分の場合、7室に12室の支配星とかケートゥよりもラーフって感じです。たまたまかもしれませんが。
あと、もちろん、ラーフだけの要因ではなく、その他の要素が絡み合ってのことにはなります。

月や金星からみても同じようなことがいえたり、ナヴァムシャでも同じような感じであれば可能性は高まります。居住なんかが外国と絡みの多そうな星回りかつ7室ラーフだと当然確率は上がります。

でもこういうのをみると、そのまんま過ぎて、あ・・・うん。ってなります。

さらに、結婚した時期のアンタルダシャー以下がラーフ/ラーフ期だったりすると、あ・・・うん。別にそういうのいいですってなります。

あまりにラーシチャートだけでストレートに象意が出てくると少しイラッとするというか、もう少し捻ってこいよと思えてしまうのは何故でしょうか。

シンプル・イズ・ザ・ベストということでいいはずなのですが。

ラーシチャートではぼやけてしか出ていないのに、ナヴァムシャではしっかり出ているとか、コンディショナルダシャーとかジャイミニのダシャーだとくっきり出ているとかの方が安心します。

不思議ですね。

最初は、ちょっとしたことでも当たってる!すごい!とか思っていた可愛い時期もあったのに、最近は過去の検証は当たっていて当然というか、冷静に考えると凄いことでも「まぁ、そうだよね」くらいに感情の振れ幅が収まります。

慣れって怖いですね。

一方で、少し考えてもわからないことに遭遇すると興奮します。この星回りからなんでこんなことが言えるんだろうとか、一体、この人のこの性格はどういった惑星配置からきているんだろうとか考えるのは楽しいです。

関連記事

  1. ハウス

    地獄に至る3つの門

    田中嫺玉さんのギーターは著作権フリーだし、ブログでも取り上げやすいです…

  2. ハウス

    1室支配星が~室に在住すると

    古典(BPHS)より抜粋です。現代的な解釈が必要になってくるで…

  3. ハウス

    結婚と新婚旅行【7室】

    右折禁止の標識に気付かない不注意により、お巡りさんに違反切符を切られた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

  1. 2018.06.29

    こじつけ??







PAGE TOP